伊東 平

ラジオ局
アナウンス部
伊東 平
(2016年入社)

Q1.今、担当している仕事はなんですか?

A.アナウンサーをしています!
野球や駅伝、ハンドボールなどスポーツ実況や、情報番組のリポーターとしてロケに出ることもあります。もちろんアナウンサーの基本、ニュースもお伝えしていますよ!

Q2.これまでで一番達成感があったことは?

A.初めてプロ野球公式戦の実況を務めたこと。約3時間、ラジオなのでしゃべりっぱなし!
何度も資料を作り直し、実況練習も積み重ねた末のデビュー戦でした。放送終了後には心地よい疲労感が訪れました。でもそれもほんの僅か。もっとうまくなりたいという気持ちが沸き上がりました。

Q3.どんなことで褒められましたか?

A.前述した初実況の際、放送終了直前に解説を務められた安仁屋宗八さんに「今日よかったよ」と言っていただけたこと。しっかり準備をして、何より当日、自分自身が楽しむことができたからだと思います。

Q4.どんなことで怒られましたか?

A.準備不足での仕事は簡単に先輩たちに見抜かれます。あるスポーツの実況後に先輩が「プロである以上、この仕事の現状維持は後退と同じ」という言葉が今でも忘れられません。

Q5.仕事しているうえでの醍醐味はなんですか?

A.「人の心を動かせること」
表現力や技術次第で、伝わり方が変わります。 恐らく一生進化を求めることができる仕事です。

Q6.就職活動時これをしておけばよかった

A.学生の時間は貴重です。自分の限界に挑戦できる時間は短いので、様々な景色を見て、多くの人に出会う。そして、よく学び、よく遊んでください。 そして必ず感想を言葉にしてください。新たな発見がありますよ。

Q7.オフの時間の過ごし方は?

A.先輩のラジオ番組や実況を聞いたり、時には落語を聞いたり。大好きなラーメンなどを食べに行ったりする時でも「何か仕事に活かせるのでは?」と考えます。生活の全てが可能性を広げてくれます。

schedule
ある一日のスケジュール

AM 10:00 出勤 メールチェック
スポット(CM)収録 ナレーションなど スポーツなど情報収集・整理
11:00 テレビニューススタンバイ
11:49 テレビニュースオンエア
昼食
PM 13:00 ラジオニューススタンバイ
13:55 ラジオニュース
14:00 メイク
15:00 情報番組にてリポーターとしてスタジオ展開
各時間に定時ニュースがあるのでたくさんニュースを読むことも。 隙間時間で番組ナレーションなどもします
志望者のみなさんへ

放送局での仕事は「人の心を動かせる」仕事です。
情熱を注いだことが、誰かの人生を変える一瞬になるかもしれません。それって素敵なことじゃないですか? 一緒に夢を追いかけましょう!