増田 み生久

報道制作局
報道部
増田 み生久
(2003年入社)

Q1.今、担当している仕事はなんですか?

A. 行政や選挙の担当記者です。ニュースの原稿を書いて、VTRを作っています。規模の大きい災害発生時の系列局支援、土日ニュースのデスク、平日夕方放送「RCCニュース6」のプログラムディレクターも担当しています。

Q2.これまでで一番達成感があったことは?

A.県警担当記者時代、長く未解決だった事件が動くという情報をTBS系列の全国放送で独自ニュースとして出せたときです。系列局や県警班の仲間と水面下でずっと動いていたことが形となり何ともいえない気持ちでした。

Q3.どんなことで褒められましたか?

A.一つは、どの社よりも早く、正確にニュースを出せたときです。もう一つは、取材対象者との関係の積み重ねでできた中身の濃いVTRが放送できたときです。

Q4.どんなことで怒られましたか?

A.ある事件でニュースの表現方法を巡り捜査幹部に激怒されました。こちらはこちらで真剣に向き合い、情報に基づき出したニュース。当局とは、ときに協力しながら、ときにぶつかり合いながら、ニュースはできています。

Q5.仕事しているうえでの醍醐味はなんですか?

A.想いを込めて、いろんな方の協力で、ようやくできあがった特集や番組が放送された瞬間、そして取材対象者や視聴者から声を頂いたときの充実感です。ときにはネットの反応を見ながらにんまりするときも。

Q6.就職活動時これをしておけばよかった

A.自分の可能性や選択肢を狭めず、より多くの業種や企業に興味を持ち、より多くの人と知り合って話を聞くことが、自らを成長させてくれるのではと思います。それができるのは、ある意味、就活生の特権かもしれません。

Q7.オフの時間の過ごし方は?

A.いつか特集にできないかと気になる話題を本やネットで一日中調べることもあれば、昔のファミコンを引っ張り出して気のすむまで続けることも。自宅でぼーっと過ごすことも、海外に出かけることも好きです。

schedule
ある一日のスケジュール

AM 出勤 メールや各紙の報道内容チェック 県庁で情報収集
昼ニュース用の取材
原稿執筆、VTR編集 昼ニュース放送
他社ニュースのチェック
昼食
PM 夕方ニュース(RCCニュース6)用の取材
原稿執筆、VTR編集
翌日以降の取材の下調べ、準備
県政記者クラブへの投げ込み情報の精査
18:15~18:56 RCCニュース6放送
志望者のみなさんへ

自分の納得のいく就活となるよう、無理し過ぎないようにがんばってください。もしご縁があれば、ぜひ一緒に働きましょう。「RCCはいい会社」と思っている社員が多い会社だと思います。毎日楽しいですよ。