個人情報保護への取り組み

・特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針
・中国放送個人情報保護方針
・利用目的と保存期間について
・報道・著述目的の個人情報の保護について
・個人情報に関するお問い合わせについて
・認定個人情報保護団体について
・視聴データの取扱いについて
・cookieについて

特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針

株式会社中国放送は、特定個人情報の適正な取り扱いの確保について組織として取り組むために、お客様、取引先及び従業員等の特定個人情報の保護を重要事項として位置づけ、特定個人情報の適正な取扱いの確保について「特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針」を以下の通り定めます。

  1. 関係法令・ガイドライン等の遵守
    当社は、個人情報及び特定個人情報に関する法令、国が定める指針、特定個人情報保護委員会により策定されたガイドラインその他の規範を遵守し、全従業者に特定個人情報の保護の重要性を理解させ、適正な取り扱い方法を実施させます。
  2. 特定個人情報の適切な取扱い
    当社の顧客、取引先及び従業員等の特定個人情報を取得、保管、利用、提供又廃棄するにあたって、当社が定めた取扱規程に従い適切に取り扱います。
  3. 安全管理措置に関する事項
    当社は、特定個人情報の保護のために必要な安全管理措置を講ずることとし、その内容としては取扱規程を策定するとともに組織的安全管理措置、人的安全管理措置、物理的安全管理措置及び技術的安全管理措置を実施するものとします。
  4. 相談及び苦情処理窓口等
    当社は、特定個人情報の取扱いに関するお問い合わせに対し、適切に対応をいたします。
    ≪お問い合わせ先≫ 株式会社中国放送 視聴者センター 電話 082-222-1155

本方針は、全従業員及びその他従業者に周知、徹底するともに、社外に対しても公表いたします。また、従業員及びその他従業者の教育、啓発に努め、特定個人情報保護意識維持向上を図ります。

2015年12月22日制定
株式会社中国放送
代表取締役社長 畑矢健治
▲このページの一番上へ

中国放送個人情報保護方針

中国放送は、放送の社会的責任を果たすために、下記の「中国放送個人情報保護方針」を定めます。
中国放送の業務に関わる全ての者は、個人情報保護に係る法令等の順守徹底をはかることはもとより、「中国放送個人情報保護方針」を順守します。

また中国放送は、国民の知る権利に奉仕し、表現の自由を担う報道・著述を目的とした個人情報の取り扱いについては、放送の社会的使命に照らし、適切な保護に努めます。

  1. 個人情報は、その利用目的を明らかにして必要な範囲のみを適正な方法で取得します。
  2. 個人情報は、その利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容を保持して利用します。
  3. 個人情報は、その情報主体の同意を得ずに第三者へ提供しません。
  4. 個人情報は、定められた責任者のもとで万全な保護体制を構築して安全に管理します。
  5. 個人情報は、最短に定めた保存期間を明示し、保存期間終了とともに確実に消去します。
  6. 個人情報を取り扱う従業者・委託先の適切な監督と必要な研修・啓発を行います。
  7. 個人情報の情報主体からの要請・苦情に関する手続きを定め誠実に対応します。
以上
2005年3月28日 制定
株式会社中国放送
▲このページの一番上へ

利用目的について

中国放送が視聴者・聴取者およびモバイルを含むインターネットサイトの利用者の皆様から取得する個人情報の利用目的は次の通りです。

  1. 懸賞の応募者管理、抽選、賞品発送のため
  2. 当社が主催・共催する催事の応募者管理、抽選、チケット等発送のため
  3. 番組および当社が主催・共催する催事案内のため
  4. モバイルを含むインターネットサイトの登録会員管理のため
  5. 番組、催事、その他利用者が希望する情報のメール配信のため
  6. 番組観覧、社内見学等の希望者管理のため
  7. 番組、催事、インターネットサイトの開発およびサービス向上の参考にするため
  8. 個人を特定しない形の統計データ作成のため

保存期間について

保存期間は原則として6ヶ月以内とします。
但し、視聴者・聴取者およびモバイルを含むインターネットサイトの利用者が希望するサービスを円滑に提供するため、この期間を超えて保存する場合があります。
この場合でも保存期間が最短となるよう努め、ご要望に応じて削除します。

2005年4月1日 制定
▲このページの一番上へ

報道・著述目的の個人情報の保護について

テレビ、ラジオ放送をはじめとする報道や著述などの表現行為は、民主主義社会のもっともたいせつな基盤であり、基本的な自由が保障されています。このため、報道や著述などの目的で個人情報を扱うとき、中国放送は個人情報保護法が定めるさまざまな義務規定を免除されています。
しかし、報道や著述の目的がさまざまな義務規定を免除されていても、中国放送は個人情報を適切に取り扱い、安全に管理し、またその取り扱いについて苦情が寄せられたときは、適切に対処するよう努めます。このため、報道・著述分野の個人情報の扱いについて、以下のように取り決めています。

報道・著述分野の個人情報を──
  1. 取得するときは、原則として報道や著述が目的であることを明らかにします。
  2. 取得するときは、適正な手段で行うように努めます。
  3. 取得したあとは、流用や悪用がなされないよう、安全に管理します。
  4. 正確かつ最新の内容で管理するよう努めます。
  5. 原則として報道や著述以外の目的には使いません。
  6. 取得する方法や取り扱い方について苦情が申し立てられたときは、
    迅速に、そして誠実に対応するよう努めます。

報道・著述分野の個人情報の取り扱いについて苦情などを申し立てる方は、以下の電話番号にご連絡ください。

中国放送 広報部視聴者センター(電話番号)082-222-1155
2005年3月28日 制定
▲このページの一番上へ

個人情報に関するお問い合わせについて

【請求をする場合】
個人情報の本人または代理人が、個人情報について開示等(利用目的の通知、情報内容の開示、訂正・追加・削除、情報の利用停止)の請求を行う場合は、次の手順に従ってください。
なお、当社は本人確認等に慎重を期すため、郵送によってのみ受け付けます。

(1)請求書の入手と作成
該当する請求書を選んでダウンロードしてください。

*利用目的の通知および情報内容 ⇒PDF開示等請求書(PDF:約21KB)
*情報内容の訂正・追加・削除および情報の利用停止 ⇒PDF内容訂正等請求書(PDF:約22KB)

ダウンロードした請求用紙をプリントアウトし、必要事項を記入してください。
※ご記入の前に、請求用紙に添えている注意事項と詳しい手続きを必ずお読みください。当ページから入手できない場合は、下記の窓口に電話をしてください。当社から郵送致します。

(2)請求に必要な、その他の書類と手数料
必要事項を記入した請求書の他に、下記のものを同封してください。

  • 本人確認の書類(必須)
    運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カード、パスポート、年金手帳、外国人登録証明書などのうちから2種類のコピーを作成してください。
    代理人による請求の場合は、上記と同様の本人確認書類に加えて、未成年者または成年被後見人の法定代理人であることを証明する書類または本人からの委任状を同封してください。
  • 手数料(利用目的通知および情報内容開示の請求の場合)
    利用目的の通知および情報内容の開示の請求については、手数料として1件につき、500円が必要です。当社では手数料の支払いは郵便切手に限らせていただきます。
    なお、情報内容の訂正・追加・削除および情報の利用停止の請求については、手数料は不要です。

(3)請求書の送付先

〒730-8504 広島市中区基町21-3
中国放送 広報部視聴者センター

(4)回答について
請求書の必要記入事項、必要書類および手数料(郵便切手)の同封を確認した上で、できるだけ速やかに書留郵便で回答させていただきます。
請求にお応えできない場合は、その理由を書面でご連絡します。また、該当する個人情報について特定が困難な場合等、不明な事項がある場合には、当社からお問い合わせすることがありますので、ご了承ください。
なお本人確認書類は回答書発送後、当社で速やかに破砕処理させていただきます。

【請求以外のご意見・苦情の受付】

個人情報の取り扱いに関するご意見や苦情については、下記の窓口にご連絡いただき、個人情報に関する旨をお伝えください。

中国放送 広報部視聴者センター
電話 082-222-1155

個人情報窓口の業務は、平日午前10時~12時、午後1時~5時となっております。
ただし、年末年始等、当社の休業日は休ませていただきます。

2005年4月1日 制定
▲このページの一番上へ

認定個人情報保護団体について

当社は、「個人情報の保護に関する法律」に基づく認定個人情報保護団体である「個人情報保護センター (一般財団法人 放送セキュリティセンター)」の対象事業者です。当社の放送サービスに係る個人情報 の取扱いに関して疑問等がある場合にご相談できます。

※当社の放送サービス(番組内容等)に関するお問合せ先ではありません。放送に係る個人情報の取扱い に関して、当社から説明を受けてもなお疑問等が残り、ご相談が必要な場合に直接お問合せください。

一般財団法人放送セキュリティセンター
個人情報保護センター
URL:https://www.sarc.or.jp/hogo/kaiketu-c.html
(電話連絡先は、上記 URL に記載しています)

▲このページの一番上へ

視聴データの取扱いについて

  1. 概要

    中国放送(以下「当社」といいます。)は、広島地区のインターネットに接続されているテレビを対象に、視聴データ(視聴中のチャンネル情報や番組の視聴時刻情報等)を収集いたします。
    収集した視聴データは、視聴者の皆様のさらなる利便性向上や放送コンテンツ制作への活用、マーケティング、広告等に利用します。

  2. 収集及び利用主体

    広島地区の視聴データは当社が収集し、JNN系列各局と共同利用します。共同利用の詳細は「6 視聴データの共同利用について」をご参照ください。

  3. 収集する「視聴データ」の項目

    当社が取り扱う視聴データの項目のうち、主なものは以下のとおりです。

    • 同一受信機を一意に識別するために発行するID
      (なお、IDとして、B-CASカードIDや受信機の製造番号等を利用いたしません。)
    • 番組の視聴時刻情報
    • IPアドレス
    • テレビ受信機に設定された郵便番号

    ここで収集する視聴データは、個人情報保護法上の「個人情報」には該当しません。
    氏名・住所等特定の個人を識別できる情報や個人識別符号を含んでおらず、また、他の情報と容易に照合することにより特定の個人を識別することができる状態にないためです。

  4. 収集の方法及びデータの保管場所について

    視聴データは、テレビ受信機がインターネットに接続されている場合に収集します。
    視聴者のみなさまがテレビで当社の番組を視聴している間、テレビ受信機からインターネット通信により視聴データを収集します。
    収集したデータは、株式会社TBSテレビ(以下「TBS」といいます。)又はTBSの委託先が管理する日本国内のサーバーに第一次的に保管し、JNN各局が利用する場合は、各局が保管します。

    技術上の制約等の理由により、一部の受信機については、視聴データを収集いたしません。

  5. 視聴データの利用目的及び利用方法について

    視聴データの利用目的は以下のとおりです。

    • 自社が提供する番組の制作・編成のための視聴者特性の調査又は分析
    • 自社の営業活動におけるマーケティングデータとしての利用
    • 番宣広告に利用するためのセグメントの作成及びこれを利用した広告
    • 放送に係るシステムの改善、マーケティングや新たな広告手法の研究・開発

    なお、視聴データは、放送局や調査会社等が持つ様々なデータと組みあわせて分析・利用することがあります。この場合は、分析の過程で個人が特定されることのないよう安全管理を行います。
    また、テレビ視聴者が保有していると推定されるスマートフォンやPCなどに対して、番組のお知らせや広告を表示する場合があります。

  6. 視聴データの共同利用について

    当社は、収集した視聴データを、JNN系列各局で共同利用します。詳細は以下のとおりです。

    • 共同して利用するデータの項目:3記載の各項目
    • 共同して利用する者の範囲:JNN系列各局(詳細はこちら
    • 共同して利用する者の利用目的:5記載のとおり
    • 共同利用するデータの管理に責任を有する者の名称
    株式会社TBSテレビ
    (共同利用に関するお問い合わせ先)
    株式会社TBSテレビ  視聴者センター
    03-3746-6666
    午前10:00-午後10:00
    ホームページ https://www.tbs.co.jp/
  7. 視聴データの第三者提供について

    現在、視聴データの第三者提供は行っておりません。

  8. 保存期間

    当社における視聴データの保存期間は原則として収集から最大60ヶ月とします。保存期間が経過したとき又は視聴データが不要になったときは速やかに消去します。

  9. オプトアウトについて

    当社による視聴データの収集及び利活用にご協力いただけない場合は、当社のデータ放送画面からオプトアウトすることにより、収集を停止することができます。
    テレビのリモコンを押下して表示されるデータ放送内にある「視聴データ」というボタンから、オプトアウトすることができます。

    なお、オプトアウトしたことにより、番組視聴に影響が出ることはございません。

  10. お問い合わせ先

    当社による視聴データの取扱いに関するお問い合わせは、以下の視聴者窓口までお願いいたします。

    RCCおよびRCCの番組へのご意見・ご感想・情報は、RCC視聴者センターで伺っております。
    視聴者センター(平日 午前10:00~午後5:00)
    TEL:082-222-1155
    郵送:〒730-8504 広島市中区基町21-3 RCC 視聴者センター
  11. 認定個人情報保護団体について

    当社は、「個人情報の保護に関する法律」に基づく認定個人情報保護団体である「一般財団法人放送セキュリティセンター」の対象事業者です。当社による視聴データの取扱いに関して、当社から説明を受けてもなお疑問等が残り、ご相談が必要な場合には下記まで直接お問合せください。

    お問合せ先:一般財団法人放送セキュリティセンター内 個人情報保護センター
    https://www.sarc.or.jp/hogo/kaiketu-c.html
    (外部サイトへ移動します)
2019年9月27日
▲このページの一番上へ

cookieについて

中国放送のサイトを訪れたユーザの方々へ、より便利なサービスを提供するために「cookie」を使用する場合があります。
「cookie」とは、ユーザがwebサイトを利用する際に、ユーザのパソコン内にサイト側のサーバから送られるテキストファイル(記号)です。
当社は、ユーザがより快適な環境でサイトのサービスを利用するため、また、サイトのサービス向上のためにのみ「cookie」を使用します。それ以外の目的で「cookie」を使用することはありません。
また、当社が送る「cookie」には、メール会員IDや氏名などの個人を特定するデータは含まれていません。ユーザは「cookie」受け取りの可否を、お使いのブラウザの設定により選択できます。「cookie」受け取りを拒否された場合でも、当社サイトのほとんどのコンテンツを閲覧できますが、一部のサービス提供が不完全になる場合があります。
なお、当サイト以外から送られる「cookie」は、当社の管理下にありません。

中国放送では、個人情報保護に関する取り扱いを改善するため、または法令その他基準の変更や社会環境の変化等に伴い、上記内容を変更することがあります。
▲このページの一番上へ